【 様々な稀少石について 】


糸魚川翡翠と稀少石のお店「猫車(nekoguruma)」で販売している稀少石は、主にジェムストーン(宝石)等のようなカット研磨されたものと原石の状態での鉱物標本のようなものに分かれます。
その中でも特にカット研磨されたジュエリー等に加工が可能な稀少石は、種類やサイズが豊富に揃っています。


宝石学の中では、稀少性だけではなくモース硬度と呼ばれる硬さ等も評価され、宝石、貴石、半貴石、天然石というような分類に区別されます。


5大宝石として扱われているダイヤモンド、ルビー、サファイヤ、エメラルド、アレキサンドライトは、その稀少性と宝石としての類い稀なる美しさや古くから多くの人々を魅了し、愛されてきたものです。


これらの宝石に次ぐ扱いとなる貴石や半貴石には、ガーネットやアメジスト、ムーンストーン、シトリン、トパーズ、ラピスラズリ、ペリドットといった知名度の高い天然石が多く、天然石という扱いになると様々なインクルージョンを含んだものや他の鉱物等による何らかの色合いや柄模様の変化が生じたタイプまで含み、多種多様なバリエーションのものが存在します。



また、人造石や人工的な鉱物であってもヴィクトリア・ストーンやスウェーディッシュ・ブルーといった特殊な環境や状況下で偶発的に製造されたものや製造方法が公開されないまま再現性のないものまで非常に稀少性の高いものがあります。



これらの宝石学的な評価や基準以外であっても鉱物学的に稀少性の高い鉱物や限られた産地でしか採取されないタイプ、既に鉱山等が閉山されて産出されない鉱物が存在しています。



ジュエリー向けの裸石やルースから観賞用のコレクションストーンまで様々な種類とタイプの稀少石があり、稀少石といっても明確な線引きが難しいものの糸魚川翡翠と稀少石のお店「猫車(nekoguruma)」では、ジュエリー業界的に珍しいルースから鉱物的に珍しいものまで様々なものを取り扱っています。



オンラインショップでの販売がないものでもお取り寄せする事が可能なので、お気軽に「お問い合わせ」下さい。


ヴィクトリアストーン


【 宝石や天然石に施される人為的な処理等 】


猫車さんのオンラインショップでは、何種類もの天然石や合成石、宝石や半貴石の取り扱いがありますます。

非常に奥が深く、簡単に説明できるようなものではありませんが、様々な鉱物の原石から裸石と呼ばれるカット研磨されたルースに施される人為的な処理等を紹介しますので、石選びや石についての予備知識として参考にして頂ければと思います。


【 天然石と合成石 】

広義で天然石とは自然界に存在する鉱物やその鉱物をカット研磨したルースの事です。
それに対して合成石や人工石と呼ばれるものは、ヴィクトリアストーンやYAG、ストロンチウム等の完全に人工的に生み出されたタイプになります。
また、オパールやアンモライトのように薄い板状の鉱物を何枚か貼り合わせたダブレットやトリプレットと呼ばれる人工石もあり、天然石と同じ成分を人工的に結晶化して作り出した人口宝石等もある為、そうした知識を持つ事で納得のゆくお買い物ができると思います。


【 エンハンスメント 】

エンハンスメントとは、天然石に対して強度を上げる為や色味の改善を目的として施される人為的な処理となり、鉱物の特性や特徴に応じて様々なエンハンスメントが存在し、海外では一般的なエンハンスメントが施された美しい宝石や天然石のルースが高い評価となる半面、日本国内では美しさよりも何のエンハンスメントも施されていない天然未処理石が好まれ、高い評価となっています。


【 トリートメント 】

宝石に対してエンハンスメントは「改良」と解釈される人工処理となり、その天然石がもともと持っている潜在的な美しさを引き出す事を目的としているのに対して、この解釈を超えた過度な人工的な処理をした場合にはトリートメント(トリーテッド・ストーン)と呼ばれます。
ダイヤモンドの放射線照射による色の変化やコランダムに対する鉛ガラス含侵処理やベリリウムによる表面拡散処理等があり、こうしたトリートメント処理は国内外を問わず、評価が低くなります。


【 エンハンスメントやトリートメントの種類 】

エンハンスメントやトリートメントについては、石の種類によって様々な方法があります。
目利きで知識がある方や厳密な意味合いでの強いこだわりがない方であれば、予算に合わせ、感覚的に好みにあう雰囲気や色目の石を選ぶのが良いと思いますが、ナチュラル、エンハンスメント、トリートメント等の情報を知る事でより良い石選びができると思います。


【 加熱処理 】

ヒートエンハンスメントと呼ばれる熱処理の事で多くの宝石に一般的に施されている処理方法です。
加熱処理は色の改善を目的としたエンハンスメントとなり、代表的なものには、ルビーやサファイアといったコランダム、アクアマリン、タンザナイト、ピンクトパーズ、一部のトルマリンにも一般的に加熱処理が施されています。
もちろん、ルビーにしてもサファイヤにしてもアクアマリン、タンザナイト、ピンクトパーズ、トルマリン等にも熱処理を施していないナチュラルな天然非加熱の状態で非常にグレードの高い美しい原石もありますが、もともと自然界で地熱等の影響を受け続けた事で見られる色合いとなる為、現在の鑑別機関での分析でも明らかな加熱処理が施されている場合は、その旨が記載され、そうでない場合は「通常」という表記がされます。


【 放射線照射 】

放射線照射によるエンハンスメントは、もともと産地や鉱床によって鉱物等が自然界の微量な放射線等の影響を受けながら何百万年も掛けて生じる変化を人工的に放射線照射をおこなう事で短時間に色目を変えたり、強調させたりするエンハンスメントの事です。
ダイヤモンド、ブルートパーズ、各種トルマリン、ジルコン、パール等に施される事が多く、もともと自然界の放射線の影響を受け続けた事で見られる色合いとなる為、現在の鑑別機関での分析でも明らかな放射線照射が施されている場合は、その旨が記載され、そうでない場合は「通常」という表記がされます。


【 含浸処理 】

含浸処理は、主に多孔質の天然石に用いられる処理方法で無色透明材の含侵処理はエンハンスメントの扱いになりますが、着色財の含侵処理はトリートメントもしくはトリートメントに近い扱いとなります。
含侵処理は、性質上、強度が低かったり脆かったりする多孔質の天然石に対して強度対策の意味合いが強く、同時に色の改善や光沢感の改善を目的としたエンハンスメントです。
無色透明材による含浸処理は比較的に色が安定していますが、トリートメントに当たる染色処理されたものは褪色します。
ターコイズ、ラピスラズリ、翡翠、瑪瑙等の天然石に施される事が多いエンハンスメントになります。


【 油浸処理 】

油浸処理は、含浸処理のひとつで色を良くしたり、特徴的にルース内部に包有する瑕疵を埋める為に無色のオイルや樹脂に漬け込むエンハンスメントとなり、、翡翠の光沢を良くする為のワックス含浸やエメラルドの透明度を上げキズ等を埋めるオイルや樹脂の含浸になります。
但し、エメラルドの含浸処理にグリーンのオイルや樹脂を使った場合、トリートメント(トリーテッドストーン)の扱いになります。


【 染色処理 】

含浸処理の中でも色のついたオイルやワックス、樹脂等で着色した天然石については、エンハンスメントという扱いではなく、トリートメントの扱いになりますが、こうした染色処理は主にイミテーション(模造品)として扱われる天然石に施される為、ジュエリー向けの宝石に施される事は比較的に少ないと思います。
例外的に翡翠に関しては、染色処理が多い為、注意が必要です。


【 貼り合わせ処理 】

遊色効果(プレー・オブ・カラー)という独特の色彩効果を持つオパールやアンモライト等の宝石は、薄いオパールを重ね合せて発色を鮮やかにしたタブレット(2枚重ね)やトリプレット(3枚重ね)にしたものがあります。
ダブレットやトリプレットの宝石は価値が著しく下がります。


【 練り物 】

宝石しては殆どおこなわれませんが、比較的に安価な天然石では粉末状の鉱物を樹脂等で固めたルース等があり、こうしたものには殆ど価値がありません。
位置付けとしては、イミテーションのあつかいとなります。


ご自身にとって何か特別な思い入れがある場合は、特定の種類の天然石や合成石を指定した商品選びをお薦めしますが、特に天然石の多くは色目や模様、内包物の入り方、微妙なカットの違い等の差異がある為、まったく同一のものは存在しないと言っても過言ではありませんので、感覚的に雰囲気や色目、カット方法等の好みで商品選びをして頂ければと思います。



Top