【 猫車さんの取り扱っている宝石&稀少石&天然石等の一覧紹介 】

世の中には誰もが名前を知っている宝石や天然石だけでなく様々な種類や名称の宝石や稀少石や天然石が存在していますが、宝石学では鉱物名が宝石名とは異なるタイプのものが多く、例えば「鉱物名:ベリル」の場合、その色合い(厳密には色の起因となる成分等)によって、水色系ならアクアマリン、グリーン系ならエメラルド、ピンク系ならモルガナイトやペッツォタイト、レッド系ならビクスバイト等といった固有の宝石名で称されます。

それとは逆に代表的な天然石のひとつである水晶の場合、宝石学では「鉱物名:クォーツ」でインクルージョンの有無に関わらず、透明無色系であれば宝石名もクォーツとなり、アメジストやシトリン、スモーキークォーツ等の業界内で定着した宝石名を持ったタイプのみ固有の宝石名で称されるのですが、これは水晶は鉱物としては必ずしも稀少性が高い宝石として扱われず、あくまで天然石という扱いとなる為ですが、インクルージョン系の各種クォーツや限られた産地でのみ産出された稀少なタイプ等も非常に多い事から、宝石学としてはクォーツと一括りにされるものでも定着した固有名称や俗称を持ったタイプが数多く存在します。

また稀少宝石や稀少石と呼ばれる多くの宝石は、その名の通り極めて珍しい事から流通量も少なく、流通性も低かった為、カタカナ等で記載したり呼称となっている呼び方が必ずしも統一されていない場合もありますし、特に天然石の場合は複数の鉱物が混じり合って結合したタイプも多く存在し、固有のコマーシャルネームで称されるタイプ等もありますからこうした名称、通称、俗称の全てを網羅して紹介する事はできないのです。

こちらのコーナーでは、こうした世界各地の様々な宝石&稀少石&天然石等を猫車さん独自の宝石学と鉱物学、それに流通している通称等を織り交ぜながら紹介しますが、書き終わる気がしないんですが・・・




【 鉱物名:コーディエライト / 宝石名:アイオライト 】

アイオライトには、無色透明、帯紫青色、帯褐青色、帯緑青色等のカラーバリエーションがあり、レピドクロサイトがインクルージョンとして内包されたブラッドショット・アイオライトやアベンチュレッセンス効果の見られるアイオライトサンストーン等のタイプも存在します。
特徴的に多色性が顕著な宝石となり、ダイクロアイトの別名もあります。



【 鉱物名:アウィン / 宝石名:アウィナイト 】

アウィナイトは鉱物名であるアウィンで呼ばれる事が多い青色、稀に帯灰白色系も見られますが宝石質のタイプは2ct以下のサイズになる為、基本的に透明青色をしています。
ラピスラズリの主要な構成鉱物で宝石質の透明青色をしたタイプはドイツ産となります。



【 鉱物名:アキシナイト / 宝石名:アキシナイト 】

コレクター向けの稀少宝石のひとつとなるアキシナイトは、褐色、淡紫〜淡赤色、青色等のカラーバリエーションがありますが、緑色〜紫青色〜シナモン褐色系の強い三色性が見られるのが特徴です。
結晶形が斧状を示す事から和名となる斧石の名称でも知られています。



【 鉱物名:ベリル / 宝石名:アクアマリン 】

アクアマリンは、淡い水色〜濃い水色までの海水青色を示すベリルの宝石名となり、シャトヤンシー効果のあるキャッツアイタイプや半透明に乳白したようなミルキーアクアマリン等のタイプもあります。
通常タイプのアクアマリンは、見る角度によって異なる色に見える二色性を持っています。


【 鉱物名:アパタイト / 宝石名:アパタイト 】

アパタイトには、無色透明、黄色〜黄緑色:アスパラガストーン、緑色(モロキサイト)、青色、褐色、赤紫色、紫色、灰色、ピンク色等のカラーバリエーションがあり、シャトヤンシー効果を有したキャッツアイタイプもあります。
色合いによる違いはありますが、蛍光性、二色性、ディディミウムライン等の特徴が見られます。



【 鉱物名:クォーツ / 通称:アホアイト 】

南アフリカ共和国のメシナ鉱山から産出されたトルコ・ブルー色のインクルージョンをインクルージョンとしたクォーツとなり、インクルージョン系のクォーツとしては後述のパパゴアイトと並んで極めて稀少性が高いインクルージョン・イン・クォーツです。
ルースとしてカット研磨される事が少なく多くは鉱物標本としてコレクターアイテムとなっています。



何か・・・マジで書き終わる気がしないんだけど・・・
ちまちま気が向いた時に更新しますが、まだ「ア行」の途中ですよ・・・


ちゅ〜か、こういう事に興味があって、いろいろ知りたいなら「【専門書籍】 宝石宝飾大事典:近山晶著」を買って読んで頂くのがいいと思います・・・
とても分かり易くて詳しく記載されているから、それを読んで下さい。



まぁ、気が向いた時に地味に書き足していきますけど、どう考えても終わんないです。

ONOTA


Top