【スリランカ産】 ブルーサファイア:大粒サイズ(一般加熱処理:中宝研鑑別書付属)

鉱物名:天然コランダム
宝石名:ブルーサファイア
産地:スリランカ産
特殊性:透明青色
カット:オーバルミックスカット
サイズ:約 10.01mm×7.86mm×3.57mm(約 2.617ct)
備考:色の改善を目的とした加熱が行われています。
その他:中央宝石研究所の鑑別書付属

スリランカ産の比較に近年に採取及びカット研磨が施された鮮やかな濃い目の透明感のある青色をした一般加熱処理が施されたブルーサファイアのルースで2.6ctアップのサイズがあります。

以下の情報は、中央宝石研究所の鑑別データとなります。

鉱物名:天然コランダム
宝石名:ブルーサファイア
色の改善を目的とした加熱が行われています。
透明度と色:透明青色
カットの形式:オーバルミックスカット
重量:2.617ct
寸法:10.01×7.86×3.57mm
屈折率:1.77-1.76
偏光性:複屈折性
多色性:認む
蛍光性:認めず
比重:約 4.00
分光性:アイアンバンドを認む
拡大検査:微小包有物・直線状の色帯

同じ産地、似たようなサイズ、似たような色合い、似たような品質を持ったサファイアでも産出されてカット研磨が施された時代によって大きく特徴が変わります。

こちらはオールドスリランカのルースとは違い、石の厚みは薄めで見た目の大きさを重視したスタイルのカット研磨が施されており、稀少性という意味ではオールドスリランカのタイプには及ばないものの使い勝手や価格的には抑えられたルースとなっています。

あたし個人的には濃い青色よりも透明感の強いライトカラーの青色でオールドスタイルのカット研磨が施されたスリランカ産のサファイアの方が好きなのですが、そうしたルースの多くは過去にジュエリーに加工された事のあったり、コレクターが所有している事もあり、ヴァージンルースでは比較にならない高値となっています。

そうした特別なこだわりがなく色合いと大きさと品質と産地を重視するなら非常にお薦めのルースとなります。

天然石特有の瑕疵やインクルージョン等があります。
またモニターやブラウザーによる色目等の差異がある場合もございますので、予めご了承下さい。
型番 【スリランカ産】 ブルーサファイア:大粒サイズ(一般加熱処理:中宝研鑑別書付属)
定価 583,200円(税43,200円)
販売価格 583,200円(税43,200円)
在庫数
購入数


Top