【ブラジル産】 インディゴライト・イン・クォーツ(マロン型:驚きの大粒ルース)

鉱物名:クォーツ
宝石名:インディゴライト・イン・クォーツ
別名:ブルールチルクォーツ、ブルークォーツ、青水晶、藍ルチル、トルマリネイテッド・クォーツ、青針水晶等
産地:ブラジル(ミナスジェライス州 Itinga Jenipapo 鉱山)
特殊性1:インクルージョンとしてインディゴライト(青色のトルマリンを包有)
特殊性2:インクルージョンに光が反射する事によって生じるシラー効果
その他:一般的なルースの20倍程度の大きさを持った巨大なルース
寸法:約 25.8mm×28.0mm×12.0mm
重量:約 57.54ct
カットの形式:ファンシーカボッションカット

ブラジル産の青色をしたトルマリン(宝石名:インディゴライト)がインクルージョンとして包有したクォーツで青色のインクルージョンを持ったクォーツの中でも特に稀少性が高く高価なタイプとなります。

現在は小粒にカット研磨してリーズナブルな価格で多くの方に販売するのが主流となりますが、こちらのルースは縦が3儷瓩35ctアップのサイズとなり、一般的なルースの20倍近い大きさがあります。

最高級のもの以外に興味がないから・・・というばかりではなく、内包されたインディゴライトのインクルージョンの様子や大粒であるが故に見る事のできるシルキーな光沢感や色合いのコントラストが楽しめるからです。

この大きさのカット研磨されたルースは現在では殆ど市場には出てきません。

このルースはインディゴライトの結晶がバランス良く入っており、内包するインクルージョンの反射光でムーンストーンのように水面が揺らめくようなシラー効果が見られ、こうした光彩効果が顕著に見られるのは大きなルースだけとなります。

カット研磨以外には何の人為的な処理も施されていない天然未処理のルースとなりますが、大きさを重視しているインクルージョンタイプのクォーツとなる為、ルースの表面や裏面に研磨できないインクルージョンの端部分のキャビティーがあります。

天然石の為、特徴的にインクルージョンや瑕疵等が入っています。
またモニターやブラウザーによる色目等の差異がある場合もございますので、予めご了承下さい。
型番 【ブラジル産】 インディゴライト・イン・クォーツ(マロン型:驚きの大粒ルース)
販売価格 0円(税0円)
SOLD OUT

Group

Top