【ブラジル産】 デュモルチェライトインクォーツ:4.12ct

鉱物名:デュモルチェライト・イン・クォーツ
産地:ブラジル
特殊性:青い針状のデュモルチェライトが内包された稀少性の高い水晶
サイズ:約 10.8mm×8.4mm×5.8mm(約 4.12ct)
カット:カボッションカット

あたし的には、青い石、それもデュモルチェライトは大好きな石なので好みですが、ジュエリー向けや装飾品向けというよりも観賞用のコレクションストーンとして扱った方が良いと思います。

針状の青色系のデュモルチェライトがインクルージョンとして内包した水晶なので、見た目と雰囲気がポイントになると思いますよ。

ルースの場合、裏面が研磨されていないタイプが多く、お披露目された初期の頃は現在は小粒でも結晶にインパクトのある菌状のタイプが多かったものの現在は淡い苔状で大き目のルースが主流になっており、こちらはコントラストが明瞭な4ctアップのルースです。

ま、鉱物標本や原石がカット研磨されてルースになり始めたからですが、初期のような力強さはないものの大粒なので楽しめます。

紺色に近い青色〜鮮やかな青色〜灰青色と青系色といっても色味に微妙な違いがあり、放射線状のインクルージョンがユニークなものや均一的な綺麗な感じや水晶とのバランス等、それぞれに特徴があります。

透明感のある水晶でインクルージョンのデュモルチェライトの色味の鮮やかさや結晶の入り方で雰囲気が変わるものの水晶部分が濁っていないものがお薦めです。

カット研磨以外には何の人為的な処理も施されていない天然未処理のルースとなります。

天然石の為、特徴的にインクルージョンや瑕疵等が入っています。
またモニターやブラウザーによる色目等の差異がある場合もございますので、予めご了承下さい。
型番 【ブラジル産】 デュモルチェライトインクォーツ:4.12ct
販売価格 0円(税0円)
SOLD OUT

Group

Top