【ビルマ産】 ペリドット・キャッツアイ(稀少石:中央宝石研究所鑑別書付属)

鉱物名:天然オリビン
宝石名:ペリドットキャッツアイ
別名:キャッツアイペリドット
産地:ブラジル産
カラー:透明黄緑色
特殊性:シャトヤンシー(キャッツアイ効果)
サイズ:約 11.5mm×10.7mm×10.9mm(約 11.906ct)
カット:不定形全面光沢研磨
備考:中央宝石研究所の鑑別書付属

ビルマ産のキャッツアイ効果が見られるペリドットで殆ど市場に出る事のない珍しい稀少石となり、以前に販売した26ctアップという極めて大粒のルースと比べるとサイズ的には小さく感じるものの規格外の大きさを持っており、最大の特徴は完全に全面光沢研磨が施された全方向から眺める事ができる事です。

以下の情報は、中央宝石研究所の鑑別データとなります。

鉱物名:天然オリビン
宝石名:ペリドットキャッツアイ
透明度と色:透明黄緑色 シャトヤンシー
カットの形式:不定形研磨
重量:11.906ct
寸法:省略
屈折率:1.67(スポット法)
偏光性:複屈折性
多色性:認む
蛍光性:認めず
比重:約 3.34
分光性:アイアンバンドを認む
拡大検査:微小包有物・液体包有物

ペリドットは宝石の中でもカラーバリエーションが少なく色合いが決まった宝石ですが、その中でキャッツアイ(またはスター効果)の見られるタイプと隕石に含まれたパラサイティックタイプだけが固有の宝石名称として扱われます。

ジュエリー等の装飾品というよりも神聖なお守りとして仏像等の額に嵌め込む為に特別にカット研磨された別注品となり、より大きなルースが発見された為に宝石商を通じて買い付ける事ができた特別なルースとなります。

全面光沢研磨が施された不定形のルースの多くは信仰的な目的の為に特別にカット研磨されたものが多く、その殆どは神仏の額に嵌め込む為にキャッツアイタイプのルースとなります。

さすがに戦争等のどさくさで盗難にあったようなものは取り扱っていませんが、あたしの所有しているルースではピンクスキャポライトキャッツアイ(ソールドアウト)とこのペリドットキャッツアイのふたつのルースだけとなります。

その目的からキャッツアイ効果を活かすというより神秘性とセッティングの構造的な配慮から底面のない球状に近い形状をしていますが、これらの宝石はサイズや品質が別格となる為、一般的なジュエリー向けのルースよりも遥かに少なく、市場に出る事は現在ではありません。

天然石特有の瑕疵やインクルージョン等があります。
またモニターやブラウザーによる色目等の差異がある場合もございますので、予めご了承下さい。
型番 【ビルマ産】 ペリドット・キャッツアイ(稀少石:中央宝石研究所鑑別書付属)
定価 810,000円(税60,000円)
販売価格 810,000円(税60,000円)
在庫数
購入数


Group

Top