【アフガニスタン産】 マリアライト:1.266ct(中央宝石研究所鑑別書付属)

鉱物名:天然スカポライト(スキャポライト)
宝石名:マリアライト
カラー:透明無色
産地:アフガニスタン
特殊性:稀少宝石のスカポライトの中でも珍しいタイプ
サイズ:約 8.52mm×7.43mm×4.09mm(約 1.266ct)
カット:オーバルファンシーカット
その他:中央宝石研究所の鑑別書付属

アフガニスタン産の透明無色のカラーレスタイプとなる稀少性の高い「マリアライト」の宝石名となる「スカポライト」のルース幻想的な蛍光色を持った中央宝石研究所の鑑別書が付属した秘蔵のルースです。

以下は中央宝石研究所の鑑別書に記載されいる内容です。

鉱物名:天然スカポライト
宝石名:マリアライト
透明度と色:透明無色
カットの形式:オーバルファンシーカット
重量:1.266ct
寸法:8.52×7.43×4.09mm
屈折率:1.54-1.53
偏光性:複屈折性
多色性:省略
蛍光性:認む
比重:省略
分光性:吸収特性なし
拡大検査:液膜包有物、結晶包有物

コレクター向けの稀少宝石のひとつとなるスカポライトは、和名:柱石となるカラーバリエーションや様々な光彩効果を有した鉱物となりますが、その中でもナトリウム成分の含有率が高いタイプは鉱物名としては同じ「スカポライト」でも宝石名としては「マリアライト(和名:曹柱石)」という別タイプとなります。

スカポライトそのものが愛好家さんや蒐集家さん向けのコレクター向けの要素が高い鉱物となり、カット研磨されてルースにできる品質のものは少なくなりますが、宝石鑑別書の宝石名に「マリアライト」の記載がされるタイプは更に少なくなります。

基本的に大粒サイズのルースが殆どない中、1.2ctアップの大きさがあり、もっとも信頼性の高い中央宝石研究所の鑑別書でマリアライトの記載がされた特別なルースです。

特徴的に蛍光性を持った鉱物で温かみのあるイエロー系の蛍光色となります。

天然石特有の瑕疵やインクルージョン等が入っています。
尚、モニター等によって色合いに差異が生じる場合がありますので、予めご了承下さい。
型番 【アフガニスタン産】 マリアライト:1.266ct(中央宝石研究所鑑別書付属)
定価 104,500円(税9,500円)
販売価格 104,500円(税9,500円)
在庫数
購入数


Group

Top