【アメリカ産】 アンドラダイトガーネット・キャッツアイ:1.646ct(中央宝石研究所鑑別書付属)

鉱物名:天然ガーネット
宝石名:アンドラダイトガーネットキャッツアイ
通称:レインボーガーネット(灰鉄柘榴石)
産地:アメリカ産(カリフォルニア州サンベニト)
カラー:半透明褐色 シャトヤンシー
特殊性:珍しい産地と明瞭なキャッツアイ効果
サイズ:約 7.2mm×5.6mm×3.8mm(約 1.646ct)
カット:カボッションカット
その他:中央宝石研究所の鑑別書付属

一般的にレインボーガーネットの通称で知られる透明感のない褐色系の地色をしたタイプのアンドラダイトガーネットの一種となるガーネットですが、明瞭なキャッツアイ効果が見られるアンドラダイトガーネットキャッツアイのルースになります。

以下は中央宝石研究所の鑑別書に記載された内容となります。

鉱物名:天然ガーネット
宝石名:アンドラダイトガーネットキャッツアイ
透明度と色:半透明黄緑褐色
カットの形式:カボッションカット
重量:1.646ct
寸法:7.2×5.6×3.8mm
屈折率:1.81以上
偏光性:単屈折性
多色性:認めず
蛍光性:認めず
比重:省略
分光性:アイアンバンドを認む
拡大検査:針状包有物、結晶包有物

レインボーガーネットの通称で知られるタイプのアンドラダイトガーネットとしては、日本の奈良県産、それにメキシコのソノラ産といった産地が有名となり、どちらの産地も産出量そのものは少なく、奈良県産の場合は石の表面が油膜のように虹色に光るイリデッセンス効果が強く、メキシコ産のものはイリデッセンス効果は弱くなるものの地色の面白味から人気も稀少性も高いガーネットとなっています。

こちらのルースは、鉱物的にはアメリカのカリフォルニア州サンベニト産というのが特徴となり、この産地では産地名に由来した稀少宝石となるベニトアイトが産出した事で知る人ぞ知るマニアックな産地になっています。

アメリカ産のレインボーガーネットタイプのアンドラダイトガーネットという時点で非常に珍しいのですが、こちらのルースは宝石的には明瞭なキャッツアイ効果が特徴となっています。

かなりマニアックなコレクター向けのルースになりますね。

天然石特有のキズやインクルージョン(内包物)が見られます。
また、モニター等によって色合いに差異が生じる場合がありますので、予めご了承下さい。
型番 【アメリカ産】 アンドラダイトガーネット・キャッツアイ:1.646ct(中央宝石研究所鑑別書付属)
定価 71,500円(税6,500円)
販売価格 71,500円(税6,500円)
在庫数
購入数


Group

Top